果報バンタから東シナ海をのぞむ

沖縄本島中部、うるま市与那城に宮城島という島があります。島とは言っても、宮城島までは陸続き。

勝連半島から海中道路をわたっていくと、平安座(へんざ)島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と周囲の島々はそれぞれ橋で結ばれていて、車で行くことができます。

今回ご紹介するのは、別名「高離り(たかはなり)」と呼ばれるほど周囲より標高の高い宮城島の、さらに眺めの良い場所にある「果報(かふう)バンタ」。
ここは、近辺でもつい最近まであまり知られていなかったという穴場の絶景スポットです。

ちなみに「果報(かふう)」とは、ウチナーグチで「幸運、良いこと、ラッキー」、「バンタ」とは「崖、絶壁」という意味。


 

9月某日、予報ではくもりの1日でしたが、果報バンタへ行ってきました。

勝連半島から人気のドライブロード「海中道路」を渡り宮城島へ。

サトウキビ畑を抜けてしばらく走ると道路の標高はどんどん上がっていきます。

すると、見えてくるのが「ぬちうなー」という塩工場の案内板。

ここを右折し、ぬちうなーの敷地内へ入って行きます。実は、この果報バンタは、ぬちまーすという大人気商品をつくっている塩工場・ぬちうなーの敷地内にあるのです。

ぬちうなー外観

さっそく、崖の絶景ポイントまで行ってみました。

初めての僕が、思わず声をあげてしまうくらいの絶景がそこにはありました。

巨大な崖のスケール感がすごいです。

圧巻の景色。

ここはギリシアか、と目を疑ってしまうほど。

海の色も最高で、よく見ると親子連れが、眼下の「ぬちの浜」で遊んでいました。

ぬちの浜と家族

完全貸切りのプライベートビーチ状態。

なんともぜいたくな海遊びです。

ちなみに「ぬちの浜」では満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそうですよ。

この「ぬちの浜」も穴場だと思います。

この日は少々曇っていたにもかかわらず、海の色はきれいでした。

快晴の日であれば、さらに数段上の景色が眺められること間違いなしでしょう。


 

ぬちまーす,龍神風道

ところで果報バンタはその名のとおり、実際にパワースポットでもあります。

まず、心と体の健康や子宝に恵まれたい方、人生をパワーアップしたい方に最適な「龍神風道」という御嶽。

龍神風道から木々の合間を通して海を眺めるとすぐ先に琉球開祖シルミチュー、アマミチューが祀られている浜比嘉島が見えます。

さらにその先には琉球創世神アマミキヨが降り立ったと伝わる聖なる島、久高島が見え龍神風道からこれらの聖地が一直線上に並ぶ神聖な場所となっています。

ぬちまーす,三天御座,沖繩パワースポット

次に、仕事運のパワーをいただきたいなら「三天御座」です。

人生の岐路に立った時、覚悟を決める時にも最適なエネルギーをいただける場所だそうですよ。

企業のトップや組織のまとめ役を担う方、家庭を守る女性にも「要」となるエネルギーのお福分けがいただけるとのこと。

ちなみに果報バンタのある「ぬちうなー」とは、沖縄方言で「命の庭」という意味です。

そして大ヒット商品「ぬちまーす」は「命の塩」ということになります。

「果報バンタ」「龍神風道」 「三天御座」で偉大なるものからエネルギーをもらい、しかも、その場所には人間にとって絶対に必要な塩「命の塩」をつくっている「命の庭」。なんか、出来すぎなくらい完璧なパワースポットでしょ?

ぬちうなー,ぬちまーす、果報バンタ

ぬちうなーの塩工場見学は無料で、塩スイーツが堪能できるレストランやぬちまーす商品が揃うショップもあります。

観光としてもパワースポットとしてもおすすめですよ。ぜひ、一度足をお運びください。場のエネルギーをいただいてリフレッシュしてみてはいかが。

最後にアクセスについて少々。果報バンタまで、那覇空港から車で約1時間30分かかります。また、ぬちうなー製塩工場見学(無料)は09:00〜17:30で年中無休。