斎場御嶽,寄満
斎場御嶽,寄満

 

みなさんは、「御嶽(うたき)」ってご存知ですか。御嶽とは、神を祀った聖地のこと。御嶽にはその集落の先祖を祀ったものや、ニライカナイ(海の彼方の理想郷)への遙拝所といったものがあります。

岡本太郎も衝撃を受けた御嶽「何もないことへの眩暈」

斎場御嶽の森

御嶽の中心となる「イベ」と呼ばれる場所には、日本の神社のような建物はなく、石や木などの自然物しかありません。

かの大芸術家・岡本太郎は、約60年前沖縄を訪問した際、御嶽にいたく感動したとのこと。

岡本は『沖縄文化論』の中で「何もないことの眩暈(めまい)」と称し、御嶽から受けた衝撃を伝えています。

以下はそのくだりです。

僕が思うに沖縄の御嶽をもっとも的確に言い表した言葉なので抜粋してみました。

「私を最も感動させたものは、意外にも、まったく何の実体も持っていない-といって差し支えない、御嶽(うたき)だった。御嶽-つまり神の降る聖所である。この神聖な地域は、礼拝所も建っていなければ、神体も偶像も何もない。森の中のちょっとした、何でもない空き地。そこに、うっかりすると見過ごしてしまう粗末な小さな四角の切石が置いてあるだけ。その何もないということの素晴らしさに私は驚嘆した。これは私にとって大きな発見であり、問題であった。」(沖縄文化論、中公文庫、岡本太郎著)


 

最高の聖地「斎場御嶽」を訪れる

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介するのは、南城市の知念半島にある「斎場御嶽(セーファウタキ)」。

ちなみに。斎場(セーファ)は「霊威の高い聖なる場所」という意味で、斎場御嶽は、琉球王国の創世神「アマミキヨ」が作ったといわれる七大御嶽のうち、最高の聖地と言われています。

ちなみに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」という9カ所からなる世界遺産のひとつでもあります(2000年12月にユネスコの「世界遺産条約」に基づく世界遺産リストに登録されました)。

それでは、斎場御嶽の見どころを説明しましょう。

斎場御嶽,御門口参道
斎場御嶽,御門口参道

まずは、御門口(うじょーぐち)。

ここは、斎場御嶽の入り口で、かつては男子及び一般庶民はこの先へ入ることができずここで参拝したそう。

山仕事などでやむを得ず入る場合は女装をして入ったといわれています。

斎場御嶽,大庫理
斎場御嶽,大庫理

入口から奥へ誘う石畳の参道を上っていくと左手に最初に見えてくる拝所が大庫理(うふぐーい)。

大庫理では、琉球の最高神女(しんじょ)・聞得大君(きこえおおぎみ)の即位式の際、「御名づけ」という儀式が行なわれました(大庫理とは大広間や一番座という意味)。

斎場御嶽,寄満
斎場御嶽,寄満

つぎに大庫理から更に奥にまっすぐ進んでいくと寄満(ユインチ)という拝所があります。

寄満は「台所」を意味し、当時ここには国内外からの海の幸・山の幸が集まり、それが「豊穣の寄り満つる所」と理解されたようです。

斎場御嶽,三庫理
斎場御嶽,三庫理

少々もどり三叉路を左に進むと、最も神秘的といわれている「三庫理(さんぐーい)」があります。

巨大な2枚の岩が支えあうようにしてできた三角形の洞門。沖縄の太陽をまばゆほど受け、巨岩も青緑色に輝いています。ここは斎場御嶽のシンボルと言えるでしょう。

洞門は約1万5000年前におこった地震の断層のズレからできたと言われています。

斎場御嶽では最も有名で神秘的な風景といえますね。ここは、聖域から出ている「気」を感じさせてくれるはずです。

斎場御嶽,三庫理チョウノハナから見た風景
斎場御嶽,三庫理チョウノハナから見た風景

さて、三庫理をくぐると奥は、琉球王国の大君が国の守護を祈願したとされるチョウノハナと言われる場所。

ここからは神の島といわれる久高島を遙拝できます。

斎場御嶽,チョウノハナから久高島を遥拝
斎場御嶽,チョウノハナから久高島を遥拝

この他にもチイタイイシという拝所もあります。

ここは三庫理の洞門に向かって右側にあるのですが、岩に二本の垂れた鍾乳石が見えます。

その下には壷がおかれ、鍾乳石から滴る水を受けています。

この水滴は天から流れてくる霊水・御水(うびぃ)と呼ばれ、聞得大君の水撫でに使われ、再生の効果があると信じられたそうです。

また壷の水量によってその年の豊凶を占ったこともあったとか。

もともとは金の壷がおかれていたそうですよ。

具体的な拝所を簡単に説明しましたが、斎場御嶽の森そのものも雰囲気があってすばらしいので、じっくり味わってくださいね


 

信仰の場を守るために

ところで、かつては年間に1~2万人だった斎場御嶽の入場者は、世界遺産登録やパワースポットブームによりどんどん増加し、2012年にはついに約43万8000人になったそうです。

そして観光客の増加とともにマナーの悪い人も増えてきているとのこと。

立ち入り禁止の祭壇に上がったり、大声で騒いだり、礼拝に訪れた人の横で大声を出したり、ひどい話では、御嶽 (うたき) を 「滝」 と勘違いして水着姿で訪れたりする人すらいたのだとか。

こういう事情もあってか最近は純粋に祈りに来る人が減っているようです。

信仰の場として世界遺産に選ばれたのに本末転倒ですね。

僕の個人的な意見ですが、入場者の増加は、御嶽にとってはひとつもいいことはないような気がします。

僕は何度か訪れていますが、15〜16年前に最初に訪れたときと比べると、最近は神秘的で張り詰めたような空気感がだいぶ薄まったなあ、とういう印象さえいだきます。

斎場御嶽は、現在年に2回休息期間を設けているようですが、入場制限も検討しているようです。

また、男性の方が圧倒的にマナーが悪いひとが多いらしく、かつてのように男子禁制も検討されているそう。

もしかしたら数年後には、入れなくなるかもしれませんね。

さいごに

最後に…正直にいうと、斎場御嶽を紹介するコラムを書きながら、入場者の増加は御嶽にとってよろしくない、と意見する自分自身に矛盾を感じています。

しかし、それと同時に本当に真摯な気持ちでマナーを守ってくださる方には、斎場御嶽を体感してほしいと心から願っています。

なるべく人がたくさんいない季節、時間帯をねらって行ってみてください。

少しでも沖縄の御嶽のすばらしさを感じてもらえれば幸いです。

さらに時間がある方は、もっとマイナーな御嶽を訪れるのもいいかもしれませんね。

おまけ(2002年、モノクロフィルムで撮影した斎場御嶽)

2002、斎場御嶽、チョウノハナから三庫理を撮影
2002、斎場御嶽、チョウノハナから三庫理を撮影

 

2002、斎場御嶽、砲弾池
2002、斎場御嶽、砲弾池

 

斎場御嶽の森
2002、斎場御嶽の森

 

斎場御嶽、大庫理
2002、斎場御嶽、大庫理